ナギナタコウジュ


ナギナタコウジュ


ナギナタコウジュ
花言葉 匂い立つ魅力

比較的日当たりの良い山地に自生する香りの強い1年草 茎は、四角で直立して30〜60センチ、全体に毛が少しあります。 葉は、対生で長い柄があり、花は、9〜10月ころに茎の先端に 太い花穂をつけて、淡紫色の約4ミリの唇花を片側だけに密につけます。 この花の様子が、薙刀(なぎなた)のように見えることから、 ナギナタコウジュと呼ばれています。

ナギナタの術を学びし少女期は
      ナギナタコウジュ知らずに過ぎき  鳥海 昭子

花の様子がナギナタの刃先のように見えることから名づけられました 初めてこの花に出会ったとき、その美しさに立ち止まって見入って しまいました。