ハナカタバミ


ハナカタバミ


ハナカタバミ
花言葉 決してあなたを捨てない

カタバミ科の多年草、アフリカの希望岬地方原産で、江戸時代に 渡来し、観賞用として栽培されました、葉は根生し、長い柄の先に 3個の小葉がつきます、花も葉も晴天に開きますが、曇天や夜に なると閉じます。 花茎は葉よりも高く伸び、直径3cmほどの淡紅色の5弁花が 上を向いて開きます、普通のカタバミに比べて大形で、ピンク色 をして美しいです。

明日のため今日の願いがありまして
       ハナカタバミの葉のやすむ宵  鳥海 昭子

夜になると、ハナカタバミは祈るように葉を閉じます。 病と闘っていたころ、また、葉を開くあしたを思い、 希望を感じたのです。