チダケサシ


チダケサシ


チダケサシ
花言葉 まっすぐな性格

チダケサシは暖温帯中部から冷温帯にかけて生育し 7月から8月、高さ1mほどの長い花茎を出してほぼ白色の花を咲かせる。 花弁はわずかに紫色を帯びており、葯も淡紫色を帯びているので、 茎葉は少なく、この長い花茎に乳茸と呼ばれるキノコを刺して持ち帰ったので、 チダケサシの名が付いたという。
登山隊わが眼の前で解かれたり  山口 波津子

本格装備の登山隊一行がふもとにおりてきて、作者の目の前で 解散となった、安堵と充実感にあふれた山男達の表情が伝わって くる。